ブラジルミッション2014 No.7 ②

DIARY

アルトアレグレ農園を後にし、本日の昼食は、アルトアレグレ農園の農園主の方がBBQをふるまって下さいました。

pict-IMG_0612pict-2014_09160516pict-2014_09160517いつものことながら、もっとBBQを楽しんでいる様子の画像やお料理の画像があればよかったのですが、自分達が楽しんでいたため、写していなかったようです・・・・。スミマセン。

かろうじて撮れていた画像を並べておきます。残念・・。

農園主の子供さん達はとても可愛らしく、「一緒に写真を撮りたかったなぁ~。」と、今でも家内は嘆いています。

当店のお客様で元プロテニスプレイヤーの方がいらっしゃって、現役の頃やコーチなどされていた時に、よく海外に行かれていたようで、その方から『海外に行く時は“五円玉”を持って行ってあげると、とても喜ばれるよ!』とお聞きしていたので、家内は沢山集めて用意していたにも関わらず旅の準備の時に、うっかりカバンに入れ忘れてしまっていたのです。けれど、お財布をよく見ると、2枚だけ五円玉がありましたので、農園主のお嬢ちゃん達と少しお話?!することが出来ましたので、横山さんに通訳してもらいながら“五円玉”を渡すと、とても喜んでくれました。お嬢ちゃん達が言うには、「わぁ~、嬉しい!!明日、学校に持って行って自慢しよ~!!」と(関西弁とは違うけど)言ってくれていた様でした。とても喜んでもらえたようで、2枚だけでもあってよかったなぁと思いました。あの沢山の“五円玉”があれば、お友達にもあげられたのかも?と思うと…。家内は悔みに悔んでおりました。

とても美味しい食事の後は、BBQをして頂いたお家を少し下った所に、収穫してきたチェリーを選別する機械などがあり、選別されたチェリーを乾燥する場所と乾燥させる機械がありました。

うまく写真が撮れていなくて、撮れているものだけアップします。

農園で収穫されたチェリーを、水に浮く実と沈む実で分けて、浮く実もまた、大きさによって分類されて、そこから、実のまま乾燥させる(N ナチュラル精製方法)と実を剥がしてから乾燥させる(PN パルプドナチュラル精製方法)のための分類を経て、乾燥されます。

上の画像、赤いコンテナの中にある、緑色の実は、未熟な実でブラジル国内での消費になるそうです。

今回、サンタアリーナ農園、アルトアレグレ農園などご案内頂いたクオリカフェックス社ジョアン氏は、この機械の考案者のお一人で、パルプドナチュラル精製方法を取り入れることで、コーヒーの品質が向上しました。ジョアン氏は、「私は、世界のコーヒーの品質向上に貢献した。」とおっしゃっておられました。

そのようなお話を踏まえて、すごいところに来てるんだなぁ~と感動するばかりでした。

機械の動いているところを見学させて頂いて、分類されたチェリーやパーチメント(皮を剥いだ状態のもの)を乾燥させている所も近くで見せて頂きました。

pict-hiroのiphone画像映像 906 pict-hiroのiphone画像映像 917

ウソみたいに広く、本で見るような光景が広がっていました。

こちらが(上の画像)ナチュラル精製方法。果実のまま乾燥させています。

こちらは(下の画像)、パルプドナチュラル精製方法での乾燥です。果実がないので、実の色ではなく、中身の色になっています。

pict-IMG_0668 pict-IMG_0669

マツモトコーヒーさんで扱っておられる生豆は、コンクリートのパティオ(乾燥場)ではなく、アフリカンベット(地上より高い位置にあり、ベッドのようになっている乾燥棚) での乾燥がなされています(マツモトスペシャル)。チェリーも特別に品質が良いものを、なおかつ、乾燥までもが特別にされています。

pict-IMG_0672

クオリカフェックス社ジョアン氏とアルトアレグレ農園の方とは、パートナーシップを結んでおられて、その農業技師・機械技師・カップテイスター・マーケティング担当それぞれから、品質の為に様々な角度からアドバイスを受けておられるそうです。農園からBBQやいろんな場所を見学させて頂く中で、ジョアン氏と農園主の関係はとても良好であるとそばで見させて頂いて強く感じました。初めてお会いした時は、ジョアン氏と農園主の方は、身内?、親戚関係?にあるのかと思うくらいの様子でした。それだけ信頼関係が出来ているのだと感じました。その方々と一緒に、松本社長提案により、産地にていろいろな取り組みがなされています。それを、実際に見せて頂けた事が、本当に幸せでした。実際に社長が来ておられたら、もっとリアルに体験させて頂けたのかと思うと、残念ですが、またの機会がありましたら、是非にご一緒させて頂きたいと思います。

 

(マツモトコーヒーさんHPより)

もちろんですが、マツモトコーヒーさんのホームページで拝見させて頂いていた所へ、自分達も来させて頂いているとは・・・・。夢のようでした。

まさに、百聞は一見に如かず!!

同じ場所にいますヨ~!!

その後は、すぐ近くの乾燥場へ。

お天気によっては、機械で乾燥させることもあるそうです。

水分値が統一されます。

こちらの手動の脱穀機が、のちの私達夫婦にとってのハプニングに繋がるとは思いもよらず、家内はこの脱穀機をかなり欲しがるのでした・・・・(のちの話は、またのお楽しみ)。

 

 

過去のブログ
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ ヒトコーヒー
●豆販売・Take-out
 OPEN 11:00〜CLOSE19:00
●cafeスペース・eat in
 月・金16:00〜19:00
 火水土日11:00〜19:00
 (L.O 18:30)
●定休日:木曜(臨時休業あり)
●駐車場:無し
メールお問い合わせ FAXでご注文HiToCoffeeBeans Instagram minneとCreemaでもお求めいただけます。minne、HITOLAKOTA'S GALLERYへCreema、HITO COFFEE BEANSへ
TOP▲