ブラジルミッション2014 No.7 ④

DIARY


クオリカフェックス社、事務所訪問です。建物の中に入ると壁、置物、コーヒー関連のものが沢山飾られていて、セミナー室に入る前にも楽しませて頂きました。さすが、コーヒー大国のコーヒー事務所!赤い壁の事務所は、認証コーヒーの手続きなどを行っている会社になります。ジョアン氏の事務所と同じ敷地内にありました。

セミナー室では、カッピングをさせて頂きました。今回はコーヒーを選ぶのではなく、グレードの違いを知るためのものでした。ひとつは、スペシャルティグレードのもの。ひとつは、スペシャルティグレードにやや劣るもの、そしてもうひとつは、ブラジル国内での消費のものでした。いつも、当店で扱っている豆がいかに良質の豆かが良く分かる体験で、あまりの違いに驚くばかりでした。ブラジル国内(生産国)では、どのようなコーヒーが出回っているのか興味がありましたので、よく分かり勉強になりました。私達夫婦の味のイメージとしてはカルキ臭さがきついような感じがしました。国によってはこのコーヒーを好んで飲まれるそうで、サウジアラビアなど、中東の国に輸出されるそうです。お国が変われば好みも変わる。人によってもコーヒーは嗜好品なので好みが分かれて当然だと思います。カルモデミナスでのカッピングとは全然違うもので、また、このような体験はめったにできるものではないので、大変貴重な体験をさせて頂きました。

事務所訪問の後は、事務所近くの金物屋さんへ行きました。こちらで、アルトアレグレ農園の乾燥場でみた手動の脱穀機を購入しました。さすが、ブラジルの金物屋さんです。家内は、マツモトコーヒーさんにいつも飾ってあるのを見ていて、いつかブラジルに行った時には買えるものなら買いたいと!!秘かに狙っていたものだったらしいです。それだけに嬉しかったようです。
後は、本でよく見るぺネイラ(チェリー収穫後、異物除去に使われる円形のざる)もごく普通にサイズ別で販売されていました。ブラジルでは当たり前の農機具になるのですね。本当は、家内は大きい物を買いたがっていましたが、さすがに「カバンにはいらんやろー!」と止めました。脱穀機もかなりの大きさと重量があると言うのに!家内は、しぶしぶ小さいものを買うことにしていました。(当店店内に展示中です。探してみてください!!)

以前、マツモトコーヒーさんでのブラジルミッションに行かれていた方のブログか何かで、実際にぺネイラを使って体験されている写真を見ていたので私達も体験させて頂けるかな?と、楽しみにしていたのですが、今回はそのようなシーンには出会う事はありませんでした。

ので、銅像と一緒に”エアーペネイラ”

本日で、農園関係のミッションは終了となりました。

過去のブログ
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ ヒトコーヒー
OPEN11:00〜CLOSE19:00(L.O18:30)
定休日:木曜/臨時休業あり
駐車場:無し
メールお問い合わせ FAXでご注文HiToCoffeeBeans Instagram minneとCreemaでもお求めいただけます。minne、HITOLAKOTA'S GALLERYへCreema、HITO COFFEE BEANSへ
TOP▲