4日目

DIARY

昨日アップさせて頂く予定にしておりましたが、少しバタバタしてしまいアップ出来ませんでした。遅くなりましたが一昨日はご迷惑をお掛け致しました。
無事に辛い検査も終り、何より、検査結果が以前の検査の時よりも善くなっておりました。運良く一年半続けてきたお薬が私の身体にはあっていた様です。本当にホッと致しました。本当に再発の多い病気なだけに、またこの検査で状態が善くないようであれば、また今後の方針を考えなければいけませんでしたので、本当に嬉しい結果で良かったです(涙)これからも自己管理に注意して、皆様に美味しいコーヒーを提供し続けれますよう頑張らせて頂きます。
ところで、未だインドネシアミッションの話しが途中となっておりましたので(まだまだ完結とはいきません(苦笑))、続きを久々に書かせて頂こうかと思います。
インドネシア滞在最終日、4日目でありますが、4日目はアリさん、ヤンセンさんのマンデリン ブルーリントンの精製工場の見学でありました。3日目の夜から4日目の朝までは、1日目に宿泊したホテルでの宿泊でした。やはり綺麗でのんびりとでき、朝食もバイキングでお腹一杯食べさせて頂きました。
朝食の後、ロビーでの集合だったのですが、ロビーまで降りるエレベーターの中で2人のアメリカ人親子にニコニコっとされ声を掛けられました。英語が喋れない私達ですので、細かくは説明出来ないのですが、「私達はアメリカから来ました。あなた達は何処から来られたの?私達はHopiのjewelryを身に付けているのですが、あなた達のjewelryもいいですね。」と言われました。「私達は日本から来ました。そして私達のjewelryはLAKOTAです。」と答えました。まったく初めて会った4人での、ほんの何十秒かの出来事でしたが、何だか朗らかな気持ちになり、とても嬉しく気分の良い一日の始まりでした。
一行はホテルから一時間程走って精製工場に着きました。
まずは工場内の外で、農園から運ばれて来た豆のパーチメント(内果皮)をとった状態のものをドライテーブル(豆を乾燥させるための網目のテーブル)で乾燥させている情景を見せて頂きました。沢山の豆達が乾燥させてある情景は愛らしく思えました。
そして、総勢40人程の現地の女性の方々が豆を丁寧に1粒1粒ハンドピック(豆の良し悪しを見分ける作業)されているところを見学させて頂きました。テンポよく丁寧にハンドピックされていました。
農園から運ばれて来た豆達の保管倉庫を見学させて頂き、色々な勉強をさせて頂きました。
細かな作業が多い中、家内はコーヒーの麻袋のペイントを工場の男性が手を赤く染めて一枚ずつ丁寧に手刷りされている光景には、「こんなところまで、手作業で一枚一枚されているんやなぁ!」と感動しておりました。
考えると農園から日本までの当店に届くまでの道のりで、どれだけの方々の手が掛かっているのかと思うと、本当に大切な一粒一粒で、今まで以上に感謝の気持ちで一杯になりました!

過去のブログ
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ ヒトコーヒー
●豆販売・Take-out
 OPEN 11:00〜CLOSE19:00
●cafeスペース・eat in
 月・金16:00〜19:00
 火水土日11:00〜19:00
 (L.O 18:30)
●定休日:木曜(臨時休業あり)
●駐車場:無し
メールお問い合わせ FAXでご注文HiToCoffeeBeans Instagram minneとCreemaでもお求めいただけます。minne、HITOLAKOTA'S GALLERYへCreema、HITO COFFEE BEANSへ
TOP▲